2024-07

スタッフブログ

夏の暑さ対策に効果的!遮熱塗料について|横浜市鶴見区 屋根リフォーム・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

遮熱塗料は屋根や外壁に塗装することで、太陽熱を反射し、室内の温度上昇を抑える特別な塗料です。遮熱塗料を使用することで、室内の温度が下がり、エアコンの使用を減らすことが出来ます。遮熱塗料を屋根や外壁に塗装すると、夏場の日差しが多い時期に熱の吸収を抑え、室内への熱の侵入を防ぎます。これにより、室内温度の上昇を緩和します。具体的には、屋根の表面温度を最大で約15~20℃低下させることができます。
スタッフブログ

夏の暑さ対策に最適な屋根リフォーム:“断熱と遮熱”で涼しい家づくりを|横浜市鶴見区 屋根リフォーム・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

断熱でも遮熱でも暑さ対策には有効ですが、その仕組みや特性が異なります。夏の暑さ対策3選①断熱効果の高い屋根材の選定 ②遮熱塗料の活用 ③屋根と外壁の換気システムの導入 効果的な暑さ対策のためには、断熱と遮熱の両方を組み合わせて使うことが重要です。
外壁工事

横浜市鶴見区K様邸 外壁塗装工事|横浜市鶴見区 屋根の修理・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

外壁塗装は「微弾性フィラー(下塗り)、水性シリコン(上塗り)」で実施。その他鉄部、木部は弱溶剤ウレタンで実施。
リフォーム

横浜市鶴見区K様邸 屋根カバー工事【CFシェイク】|横浜市鶴見区 屋根の修理・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

母屋の方が前回のリフォーム工事から15年ほど経過し、屋根に割れや亀裂、欠けが複数箇所発生していたため、新しい屋根材を重ね葺きするカバー工事に至った。ついでにもう1棟(築13年)の増築部もカバー工事をし、2棟とも長期的な安心が得られた。
スタッフブログ

危険を回避!アスベスト含有屋根の適切な対処法とアフターケア|横浜市鶴見区 屋根リフォーム・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

アスベスト含有の屋根をリフォームする際は、屋根カバー工事か屋根葺き替え工事をおすすめします。塗装によるメンテナンスよりも屋根工事によるメンテナンスの方が費用対効果は高くなります。アスベストの除去には専門的な知識と技術が必要なため、資格を持った業者に依頼することが推奨されます。いずれの方法を選ぶ場合でも、適切な防護策と法規制に基づいた処理が必要です。
スタッフブログ

自宅の屋根は大丈夫?アスベスト含有屋根の見分け方ガイド【2024年7月最新版】|横浜市鶴見区 屋根の修理・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

1980年代以前に建てられた建物の屋根材は、アスベストを含む可能性が高いです。ただし、築年数が古くても、当時からアスベストを含まない屋根材を採用しているケースもあります。特定のメーカーが製造していた時期や品番によっては、アスベストを含むかどうかの情報が提供されている場合があります。アスベストを含む屋根材かどうかを判断するためには、屋根の状態や不具合の状況を観察することが非常に有効です。アスベストを含む屋根材は、その耐久性の高さから、不具合が発生しにくい特徴があります。
スタッフブログ

アスベスト屋根の危険性:安全に暮らすために知っておきたいこと【2024年7月最新版】|横浜市鶴見区 屋根の修理・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

アスベストは、そこに存在すること自体がすぐに問題になるわけではありませんが、飛散して吸い込むことが問題となります。それゆえ主な危険性は、長期的な吸入による健康被害です。アスベスト繊維が肺に蓄積すると、アスベスト肺、肺がん、中皮腫などの深刻な疾患を引き起こすリスクがあります。これらの病気は潜伏期間が長いため、注意が必要です。
スタッフブログ

損をしない屋根リフォームのすすめ:コストと効果を考えよう|横浜市鶴見区 屋根リフォーム・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

屋根リフォームは、コストや効果の面でどの方法が最適か悩むことが多いと思います。 この記事では、屋根リフォームの重要性とメリットについて説明します。屋根リフォームのランニングコストの考え方を解説し、長期的に損をしないためのポイントをお伝えします。
スタッフブログ

ベランダ・バルコニーの雨漏り②:箇所別!発生原因と対策|横浜市鶴見区 屋根の修理・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

雨漏りはベランダやバルコニーから家の内部に侵入し、建物に大きな被害をもたらすことがあります。この記事ではベランダ・バルコニーからの雨漏りを箇所別に解説し、対策についても詳しく見ていきます。雨漏りのリスクを最小限に抑え、安心して梅雨を乗り越えましょう。
スタッフブログ

ベランダ・バルコニーの雨漏り①:原因と対処法をご紹介|横浜市鶴見区 屋根の修理・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

ベランダやバルコニーは常に雨風や紫外線にさらされているため、防水層やシーリング材が劣化しやすく、それが雨漏りの主な原因です。特に排水溝やドレンの詰まり、床面の劣化が進むと、水が建物内部に侵入しやすくなります。施工不良やメンテナンス不足も雨漏りを引き起こす可能性があります。
スタッフブログ

家にあるものでできる!雨漏りの応急処置方法5選|横浜市鶴見区 屋根の修理・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

雨漏りが発生した際には、迅速に応急処置を行うことで被害を最小限に抑えることができます。今回は、家庭にあるものや市販のアイテムを活用した応急処置方法を5つご紹介します。ですが最終的には専門家の力を借りて、根本的な修理を行うことが大切です。