2024-06

お客様の声

【お客様インタビュー】横浜市鶴見区T様邸 屋根葺き替え工事|横浜市鶴見区 屋根リフォーム・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

横浜市鶴見区T様邸 担当者が誠実な対応で工事に対する不安感が減り、安心してお願いできました。 工事内容 屋根葺き替え・外壁塗装 リフォーム期間 屋根葺き替え・外壁塗装のまるごとリフ...
スタッフブログ

【外壁塗装】長持ちさせる秘訣とは?|横浜市鶴見区 屋根の修理・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

外回りの汚れは、カビやコケなどの雑菌によるものが7割を占めます。 これには、根こそぎ洗い落とすバイオ高圧洗浄が効果的です。木材、石材、タイルなどあらゆる素材に使用でき、通常の高圧洗浄では落としきれない0.01mmにも満たないピンホール(穴)に潜んでいるカビや藻、旧塗料などを徹底的に落とすことができます。
スタッフブログ

【梅雨前必見】雨漏りの危険ゾーン!雨漏りしやすい場所とその対策|横浜市鶴見区 屋根の修理・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

雨漏りは家のさまざまな場所から発生する可能性があり、早期発見と対策が重要です。特に雨漏りしやすい場所を定期的に点検し、適切なメンテナンスを行うことで、家を長持ちさせることができます。
スタッフブログ

梅雨前に必読!雨漏り放置の重大な危険性とその対策|横浜市鶴見区 屋根の修理・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

雨漏りが発生すると、天井や壁に染みができたり、室内に水がたまったりします。このような建物内部に雨水が侵入している状態を一次災害といいます。一次災害を放置してしまうと、二次災害による間接的な被害が発生し、家の構造や住環境、さらには健康被害まで引き起こします。雨漏りは放置すると、家全体に深刻な影響を与え、修理費用も増大します。1年以内の早期対応が重要であり、定期点検と迅速な修理を心掛けることで、家を長持ちさせ、安心して過ごせる住環境を維持することができます。
スタッフブログ

梅雨で雨漏りが心配… 梅雨前の点検とメンテナンスについて|横浜市鶴見区 屋根の修理・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

梅雨に入る前に屋根の点検を行うことは、雨漏りなどから家を守るための第一歩となります。屋根の劣化や損傷を早期に発見することで、雨漏りや構造的な損傷を未然に防ぐことができます。特に、雨漏りが発生すると内部の損傷が進行し、修理費用が高額になる可能性があります。小さな損傷や劣化を早めに修理することで、大規模な修理が必要になる前に対処できます。これにより、修理費用を大幅に削減することが可能です。点検を行い、必要なメンテナンスを済ませることで、雨漏りの心配をせず、梅雨の時期を安心して過ごすことができます。家族の安全と快適さを守るためにも、事前の準備は欠かせません。
スタッフブログ

【梅雨到来間近!】 梅雨が屋根や外壁に与える影響について―雨漏りの恐れ―|横浜市鶴見区 屋根の修理・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

梅雨時の連続した降雨により、屋根の小さな隙間や劣化部分から雨水が侵入し、雨漏りが発生することがあります。雨漏りは室内の天井や壁を汚し、カビを発生させて家の健康状態に悪影響を及ぼします。屋根材が長期間湿気にさらされることで、劣化が進行します。特に、瓦やスレートなどの屋根材は水分を吸収しやすく、ひび割れや変色、さらには破損につながることがあります。これにより、屋根の防水性が低下し、さらなる雨漏りや構造的な損傷が発生する可能性があります。
お客様の声

T様邸 瓦屋根 棟の耐震補強工事―棟の取り直しで耐震性アップ―|横浜市鶴見区 屋根の修理・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

棟部の瓦の割れやズレ、ゆがみや釘の浮きが見られた。強い風や巨大地震が来ると崩壊の恐れが大いにあり得る。そのため、棟部のみ取り直しを行い、補強金具と銅線でしっかりと緊結することでと耐震性を確保した。
スタッフブログ

【外壁塗装】3回塗って耐久性アップ!|横浜市鶴見区 屋根の修理・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

塗膜の厚みを十分に確保し、長期にわたり美しい外観や性能を維持するためには、下塗りと中塗り、上塗りに分けて施工する3回塗りが重要です。下塗りは上塗りを長持ちさせ、きれいに仕上げるために必要不可欠です。 上塗り材は耐候性、低汚染性、防カビ・防藻性などの機能を持ちますが密着性に欠けるため、接着剤のような役割を持つ下塗りが必要になります。 中塗りと下塗りでは同じ塗料を使用します。人力で行う塗装には限界があり、1回の上塗りでは、ムラや薄い部分が発生してしまいます。2回の上塗りを行うことで、外壁や屋根の塗装が完璧に仕上がります。 「3回塗り」は耐久性の面でも美観の面でも必要な作業です。
スタッフブログ

【外壁塗装】塗料の成分と劣化のメカニズムについて|横浜市鶴見区 屋根の修理・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

塗料は「顔料」「樹脂」「溶剤」「添加物」の4つの成分で構成されます。この4つが絡み合うことで、家を紫外線や雨から守る『塗膜』になります。この成分の配合量の違いで価格や耐久性は変化します。一般的に樹脂が多い塗料ほど高価になり、耐久性も高くなります。
スタッフブログ

外壁塗装の検討時期について|横浜市鶴見区 屋根の修理・外壁塗装の専門店 (株)成田屋商店

段階別で劣化の進み方をご紹介します。Lv.0 ツヤがある―日光に当たると美しく発色している。Lv.1 ツヤが落ちてくる―新築時の艶やかさはなくなっているが、防水効果はまだある。Lv.2 変色―色味が変わり、くすんだ印象に。⚠リフォーム検討時期Lv.3 チョーキング―触ると白い粉が付く。防水効果が切れてきたサイン。Lv.4 ひび割れ―雨水が入り込んで、下地が傷むと建物全体の強度が低下。補修が必要。⚠早急に対応すべきLv.5 剥がれ―外壁材自体が外部にさらされ、急激な変化に繋がる。