のきといの破損

のきといの破損

経年劣化してくると塩ビ製の雨樋は紫外線により硬化してくるため割れやすくなります。

だいたい雨樋交換の目安は築20年から30年くらいといわれています。

先日見てきた現場でも軒樋の止まりが割れて無くなっていました。

こうなると樋の機能がかなり低下します。

補修が必要ですね。

雨樋が気になり始めましたら当社まで御相談を

のきといの破損

トップへ戻る